はんこの書体のご説明

〔はんこで特によく使われる書体〕
古印体
(こいんたい)
日本固有のはんこのための書体で、丸みをおびたどっしりした文字が
特徴です。読み易い書体で認印に多く使われます。
篆書体
(てんしょたい)
中国の秦・漢の時代から、はんこの書体として多く使われているもので
象形文字が基本となっています。左右対称で均一な線幅が特徴で
実印・銀行印で多く使われます。
印相体
(いんそうたい)
てん書体が進化してデザイン化された書体で一つ文字が円の八方に
広がり開運を開くとも言われます。(別名:吉相体)
判読しにくく他人に悪用されにくい点で実印・銀行印に多く使われます。

〔一般的な書体-はんこ以外でもよく使われます〕
楷書体
(かいしょたい)
日頃良く使用される崩しを入れない標準的な書体です。
判りやすいのが特徴です。
隷書体
(れいしょたい)
てんしょ体を基礎に簡略化した読み易い書体です。
やや直線的でバランスのとれた書体です。
行書体
(ぎょうしょたい)
楷書体を崩して筆文字にしたもので
柔らかみと優しさのある書体です。
草書体
(そうしょたい)
行書体をさらに崩した書体。
文字によっては読めなくなってしまいますので注意が必要。

〔お勧めのこだわり書体〕
鯨海酔侯
(げいかいすいこう)
大胆で繊細なデザイン筆文字書体
京  円
(きょうまどか)
上品な京の薫りのする書体
天  真
(てんしん)
天真爛漫幼子のような純真な書体
唐  草
(からくさ)
絵手紙から生まれた自由奔放な書体
金  時
(きんとき)
さつまいものような線できちんとした字形で書かれた書体

〔究極のこだわり書体〕
九畳篆
(くじょうてん)
中国の宋・元の時代に崩しを意匠化し文字の横線を9本と
定めてデザインした書体。こだわりの極め付け書体です。
〔九畳篆のさらなる詳細はこちら〕